<< 夏休み企画コーナー”何にみえるかな?” | main |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

秋季企画展「イチオシ!」開催中です

大変、大変、ごぶさたしております。

和泉市いずみの国歴史館です。

 

最後の更新が8月末、そして今はもう10月。

長期間、更新が途絶えてしまい申し訳ありませんでした。

 

本日は、秋季企画展のお話をさせていただきたいと思います。

 

いずみの国歴史館では、

 

10月14日(土)〜12月17日(日)まで

 

秋季企画展

    「イチオシ!  

を開催しております。

 

タイトルだけ見ても、よく分からないと思いますので、

展示風景の写真を織り交ぜつつご紹介いたします。

 

本展は、和泉市の文化財に携わる職員が各自のイチオシを展示する企画です。 

つまり、いりいろな種類の文化財が一度に見られる、お得な展示です。

 

その一端をちょっとだけお見せします。

 

入口入ってすぐ、最初の展示がこちら↓

 

「和泉国分間絵図」です。

ものすごく巨大です。元禄九(1696)年に作られたもので、

今も残る地名や旧跡などが書かれているので、見ていてとても楽しい絵図です。

私の家はだいたいこの辺かな?と思いつつ、見入ってしまうこと間違いなし。

 

お次は考古の展示が並びます↓

 

手前から、「軽部池遺跡出土の木製品」「朝鮮半島との交流を示す土器」「ミニチュア土器」です。

 

お次は「大般若経」しかも4セットです。↓

和泉市内に残る大般若経を4セット展示しております。

それぞれの経櫃(箱)、お経を見比べて楽しむことができます。

なんて贅沢!

お経の文字がまた秀逸ですので、ぜひご覧ください。

 

さてさてお次はコチラ↓

腑剖図(ふわけず)。いわゆる解剖図ですね。

これは是非ごらん頂きたいです。

個人的には上段真ん中の骨の図がお気に入りです。

 

さらにさらにコチラ↓

これは青磁と刀です。

どちらも点数は少ないですが、見応えありです。

 

他にも、石器、古墳時代の装飾品、契沖、綴方教育に関する展示や桃山時代の小袖などなど

様々な展示がございます。

 

どのコーナーも展示数はやや少なめですが、その分ゆったりと

まるで美術館のような!?展示をお楽しみいただけます。

(一緒にするなと美術館の方にお叱りをうけそうですが)

 

 

次回は、もう少し具体的なご紹介もしたいなと思いつつ、

本日のブログはここまで。

 

下にチラシも載せておきますので、詳しく知りたい方は読んでみてください。

 

では、いずみの国歴史館で皆さまのご来館お待ちしております。

 

 

チラシ↓

at 13:48, 和泉市いずみの国歴史館, 特別展・企画展

-, -, pookmark

スポンサーサイト

at 13:48, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark