夏休み企画「ミニミニ和泉の化石展」始まりました

皆さまお久しぶりです。

約一月ぶりの更新です。

申し訳ございません。

もう謝罪の言葉も出ません。

本当にお恥ずかしいかぎりです、、、

 

 

さて、今回は夏休み企画のお知らせです。

当館では7/24(火)〜9/2(日)まで

夏休みの特別企画として化石のミニ展示を行っております。

 

和泉市や周辺地域で見つかった貝の化石や動物の足跡化石の石膏型など

をご覧いただけます。

 

ミニミニ展示ですので、点数は少ないのですが、

近くへお出かけの際にでもお立ち寄りいただけると嬉しいです。

 

展示の様子はこちら

これで全てです。展示室ではなく受付前の資料学習室に展示しています。

展示資料を一部ご紹介します。

左半分が和泉層群からでた貝の化石です。

右半分は和泉久井町の松尾川河川改修工事の際に見つかった

動物の足跡化石からとった石膏型です。

実際の足跡に石膏を流し入れてとったそうです。

これは一番左のアンモナイトです。

これは二枚貝です。

画像では黒くて分かりにくいのですが、肉眼だととてもきれいな化石です。

こちらは右半分の動物の足跡化石の石膏型です。

こちらは島ケースに展示している貝の化石です。

比較的小さめの貝化石を展示しています。

こちらはウニです。

画像ではウニ感がいまひとつ伝わりづらいですが本物は小さいながらも「ウニ」です。

 

関連企画としてワークショップ(対象:小学4〜6年生と中学生以下)などもございます。

下にチラシを載せておくので、ご覧ください。

 

ご来館お待ちしております。

 

 

 

at 11:03, 和泉市いずみの国歴史館, 特別展・企画展

-, -, pookmark

ひと月ぶりの更新です

こんにちは。

いずみの国歴史館です。

 

前回の更新から、気づけばひと月以上経ってしまいました。

更新頻度をあげると豪語しておきながら、お恥ずかしいことです。

 

さて、気を取り直しまして

今日は常設の展示資料紹介第二弾を行いたいと思います。

 

前回は江戸時代の「伯太藩」に関連する資料をご紹介したので、

本日は「池上曽根遺跡」に関する資料をご紹介したいと思います。

 

先日リニューアルした常設展示では、

弥生時代のコーナーは「池上曽根遺跡」を主軸に展示をしています。

展示資料も増えました。

展示の様子はこんな感じです

画像がちょっと荒くて見にくいのですが、石器や木器の点数がぐっと増えています。

 

史跡公園の大型建物復元の際に、参考にした建物が描かれた絵画土器

↓この画像では見えにくいのですが、建物が描かれています

 

右端がB.C.52年の土器で、真ん中手前には勾玉や管玉、ガラス製品

真ん中後ろは銅鐸型土製品で、左端にサヌカイトの接合資料です。

石器ももりだくさんでご紹介しています。

 

こちらの展示、絵画土器など一部の資料がしばらく貸し出される予定ですので、

ご紹介した資料を全てご覧いただけるのは7月6日(金)までとなります。

 

ぜひお越しください。

お待ちしております。

 

 

at 11:17, 和泉市いずみの国歴史館, 常設展

-, -, pookmark

講演会のお知らせと常設展示紹介

こんにちは

いずみの国歴史館です

 

常設展示のリニューアルオープンから、

2週間が経ちました。

 

おかげさまでボチボチと、

いや、想像以上にたくさんの方にお越しいただいております。

 

「初めて来た」「こんなとこにあるなんて知らなかった」

などのお声もいただいており、

 

完全なるPR不足を実感している次第です。

とりあえず 

     もっとブログを更新しよう!

 

と、決意を新たにしました。 (いつまで続くか怪しいもんですが)

 

さて、そんなわけで本日は展示品紹介と講演会のご案内です。

 

まずは展示品をご紹介します。

こちらは江戸時代のコーナーに展示している伯太藩の資料です。

いかがでしょう?点数は少ないですが、見応えありです。(写真がひどくてすみません)

こちら写真も撮っていただけます。

この写真では反射がひどくて見づらいので、ぜひ展示室でご覧ください。

 

さて、次は講演会のお知らせです。

実は今日のブログで一番お知らせしたいのが、この講演会。

 

じつはリニューアル記念の講演会で、全3回のうちの最終回のお知らせです。

 

「いずみの国歴史館の歴史」と題して、

歴史館ができたきっかけ開館してから20年の話リニューアルの話

をテーマに当館の館長代理 白石耕治がお話する講演会。

最後は開館してから20年の話をします。

 

今週の日曜日、午後1時30分〜 いずみの国歴史館会議室で行います。

申込不要・無料 ですので、ぜひお越しください。

 

詳細は下のチラシをご覧ください。

雨でも講演会は開催します!!!

at 14:03, 和泉市いずみの国歴史館, 講座案内

-, -, pookmark

リニューアルした常設展示をちょっとだけご紹介

こんにちは。

いずみの国歴史館です。

 

ゴールデンウィークですね。

というわけで、リニューアルした常設展示の展示室のようすを

ちょっとだけご紹介したいと思います。

 

「リニューアル」なんて、どうせたいして変わってないんでしょ?

と思っている方も多いでしょう。

ですので、展示室の雰囲気をお見せします。

 

今日はさわりだけ。

これから小出しにして、紹介していきたいので。

 

まずは入口

以前は入ってすぐに壁があったのですが、やめました。スッキリしました。

そして、天井から下がる幕には展示タイトルが書かれています。

 

リニューアルした常設展示の特徴として、右半分と左半分で雰囲気が全然違います。

 

まずは向かって右側、岩宿〜平安時代までのコーナーはこんな感じです。

考古資料が並んでおります。

 

お次は向かって左側、室町〜昭和のコーナーです

甲冑や刀、お仏像がちらりちらりと見えますが、

こちらは考古資料ではなく、古文書や工芸など地域に伝わる歴史史料が並びます。

 

リニューアル前より、考古資料は減ってしまいましたが、

展示資料のバリエーションが増えたので、飽きずに見ていただけるのではないでしょうか。

 

そして、考古資料がお好きな方に朗報です。

資料の点数自体は減ってしまいましたが、オープン展示が増えています。

 

これは、和泉市出土の須恵器でつくった、須恵器の編年です。

左から5世紀・6世紀・7世紀・8世紀と並んでいます。

 

須恵器がお好きな方はぜひ。

手前に腰掛けが置いてあるので、座って眺めることもできます。

 

入館無料ですので、お散歩ついでにお立ち寄りください。

 

お待ちしております。

at 11:40, 和泉市いずみの国歴史館, 常設展

-, -, pookmark

常設展示リニューアルオープンしました

皆さまたいへんご無沙汰しております。

約2ヶ月ぶりの更新です。

 

ひとまず、無事にリニューアルが完了したことをご報告いたします。

 

4月28日(土)より、リニューアルした常設展示が始まりました!!!

 

どうなることかと思いましたが、なんとか無事開催にこぎつけました。

来る日も来る日もパネルを作る日々...。

展示のレイアウトも二転三転し、無事着地しました。

 

ぜひ、いちどご来館ください。

以前の展示をご存知の方は、驚いていただけるのではないでしょうか。

初めての方は、和泉市の歴史の深さを実感していただけると思います。

 

リニューアルのチラシを掲載しておきますので、ご覧ください。

リニューアル記念の講演会なんかもありますので、ぜひ。

 

今日のところは、ご報告まで。

 

次回から、展示室内の様子や、展示資料などを少しずつご紹介していきたいと思います。

 

では、皆さまのご来館お待ちしております。

 

 

 

at 16:45, 和泉市いずみの国歴史館, 常設展

-, -, pookmark