休館と夏季特別展のお知らせ

こんにちは

いずみの国歴史館です

 

暑い日が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

歴史館は間もなく始まる夏季特別展に向けて、修羅場を迎えております(担当者が)

 

というわけで、本日は展示入替に伴う休館と夏季特別展の宣伝です。

 

いずみの国歴史館では6/29(土)〜夏季特別展を開催します。

それに伴い、

展示入替のために6/17(月)〜6/28(金)まで休館いたします。

※現在特別陳列中の「小袖」をご覧になりたい方は、今週の日曜日までにお越しください。

 

そして、約2週間の入替え後に開催する特別展がコチラ↓

!!!須恵器!!!

前回が2017年夏だったので、2年ぶりの開催となります。

須恵器だけを展示する企画の第2弾。

前回は和泉市の須恵器だけでしたが、今回は泉北丘陵窯跡群(いわゆる「 陶邑」 )の

出現期から発展期に至る古墳時代に焦点を当てた展示となります。

 

つまり、たくさんお借りしてきます。

普段は同時に見れない資料が、まさに一堂に会する展示となります。

 

関連企画も盛りだくさんです。

ぜひ、お越しください。

 

ひとまず今日は、これまで。

次回の更新は……今月中に出来ますように。

 

 

at 17:08, 和泉市いずみの国歴史館, 特別展・企画展

-, -, pookmark

市指定文化財 桐雪持ち笹文様唐織小袖 特別陳列始まりました

こんにちは

いずみの国歴史館です。

 

前回のブログ、「今月中にもう一度・・・云々」

願い届かず!更新できませんでした。

 

せめて6月頭の更新を!ということで、

本日は特別陳列のお知らせです。

 

実は、昨日から始まっています。

展示期間は6月1日(日)〜16日(日)まで

※6/17〜28までは展示入替のため休館します

 

展示のようすがコチラ↓

この小袖は、新しく市指定文化財に指定された「桐雪持ち笹文様唐織小袖」(槇尾山施福寺所蔵)です。

 

身頃に唐織、両袖が金襴でできた、非常に豪華な桃山時代の小袖です。

詳しく知りたいという方は、ご来館のうえ、解説パネルをご一読ください。

 

こちらの小袖、唐織部分に桐の文様があるのですが、この文様が(以下解説パネルより)

 

また桐文については、豊臣秀吉から毛利輝元へ与えられたと伝えられる能装束の唐織(毛利博物館蔵)、

 あるいは高台院が慶長12年(1607)に寄進した打敷の唐織(高台寺蔵)に織り出された五七桐文と類似

 することから、ほぼ同時代の唐織と見られ、五七桐文を織り入れた唐織は貴顕の所用を思わせる。」

 

とうことなんです。

なにやら、すごいですよね。

いったい誰の持ち物だったのか…。

 

めったに公開されない資料なので、私も肉眼で見たのは2回目ですが、

その華やかさに目を離せなくなる、そんな小袖です。

 

桃山時代の小袖はとても貴重な資料ですので、

この機会に是非!是非!!ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

at 17:09, 和泉市いずみの国歴史館, 特別陳列

-, -, pookmark

第3期 和泉史塾を開講します

こんにちは

いずみの国歴史館です。

 

前回更新からほぼ2か月ぶりでございます。

更新するする詐欺も甚だしい。

本当に申し訳ありません。(謝罪の言葉も白々しいですよね)

 

言い訳のしようもありませんが、

今年度のあれやこれやの企画や準備をしていたら、

平成が終わり、令和になっていた!

という心境です。びっくりです。

 

もう悔いてばかりいてもしょうがないということで、

年の初めの近いは完全に守れませんでしたが、

せっかくなので新元号に新たな誓いを。

 

「最低でも月1更新(たとえ内容が薄くても)」

 

これを胸に刻み、令和元年度は頑張ってまいりたい所存です。

 

さて、冒頭の謝罪とご挨拶と誓いはここまでにして、

今回は通年で開催する講座のご案内です。

 

今年で3期目となる「和泉史塾」の開講が決定しました。

ようやく、日時・講師・タイトルが決まりました。

全8回ですが、お好きな回のみの受講も可能です。

申込は不要。当日直接お越しください。

受付開始は講座開始の30分前から、定員に達した時点で締切ます。

受講は無料、全8回達成した方には修了証と記念品をお渡しします。

 

日程など詳しくは、下記のチラシをご覧ください。

 

では、次回の更新では展示についてお知らせしたいと思います。

今月中にはもう一度更新できることを願って...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

at 14:22, 和泉市いずみの国歴史館, 講座案内

-, -, pookmark

4/1(月)〜4/4(木)展示入替のため休館します

皆さまこんにちは

いずみの国歴史館です。

 

前回の更新から、ひと月半。

気づけば3月が終わろうとしております。

時間泥棒に、時間を盗まれたとしか思えません。

年度末だなんだとバタバタしていたら、この有様です。

せめて、ブログを月二回は更新したいものです。

新年度から頑張ります。

 

さて、更新しなかった反省はさておき、

今日は、展示入替に伴う休館のお知らせをしたいと思います。

 

現在、いずみの国歴史館では常設展示(一部縮小)と

コーナー展示『府中遺跡のすべてvol.2』を(3/31まで)

を開催しております。

今月末でコーナー展示が終了し、

4/1(月)〜4/4(木)は展示入替のため休館いたします。

 

展示入替後は、常設展示(完全版)になります。

 

休館中はご迷惑をおかけしますが、

よろしくお願いいたします。

at 13:52, 和泉市いずみの国歴史館, 常設展

-, -, pookmark

常設展示は縮小して開催中です 

皆さまこんにちは

いずみの国歴史館です。

 

節分も過ぎ、あっという間に

2月も半ばに差し掛かろうとしています。

時間経過のあまりの速さに度肝を抜かれておりますが、

本日は縮小中の常設展示のご紹介です。

 

現在、当館では「府中遺跡のすべてVOL.2」というコーナー展示と

常設展示を同時開催中です。

そのため、常設展示の鎌倉時代〜昭和時代までのコーナーを

縮小して展示しています。

その様子を画像でご紹介していきます。

 

まずは鎌倉時代〜江戸時代

普段はこのケース内、

鎌倉〜室町時代の展示を行っているのですが

現在は江戸時代と半分ずつになっています。

 

次は明治時代〜昭和時代

普段は壁面ケースですが、現在は島ケースです。

 

全体像がこちら。

手前に見えているのが、鎌倉時代以降の展示です。

 

このような形で縮小中の常設展示ですが、

府中遺跡のコーナー展示も開催しておりますので、

ぜひ、お越しください。

 

皆さまのご来館、お待ちしております。

 

 

at 10:53, 和泉市いずみの国歴史館, 常設展

-, -, pookmark